不動産について

不動産とは何を意味しているか

「不動産」とは、現在の日本の法律では「土地とその定着物のこと」と定義されます。
(対義語は「動産」です。
)これは、容易に移動させることができず、財産として高価なものを指します。
通常、「土地」と「建物」は別々の「不動産」とみなされます。
ここで言う「建物」とは、屋根や壁で覆われていて、その用途に適しており、土地に定着していることが条件となります。
ですから、建築中のものにおいては、屋根や壁が出来て初めて、「建築資材」から「不動産」へと変わるのです。
ちなみに、建物に使われている襖や障子、畳などは「動産」扱いで、「建物」とは別物です。
また、立木に関しては、土地の定着物なので「不動産」の一部とみなされます。

Copyright© 不動産 All Rights Reserved.