不動産について

不動産について俺が思うこと

今回は不動産について僭越ながら語らせていただきたいと思う。
不動産とは建物を使った産業のことであると私は思っている。
やはり、人間らしい生活をするためには家というのは必要なものである。
家、というのはやはり色々な思いが集うところである。
家で過ごした毎日、家族との団欒、そのような幸せな感情、思い出を保存するのも家の役割ではなかろうか。
自分は生まれてこの方今の家にしか住んだことはないが、(一戸建て)引っ越したいと思ったことはない。
そりゃあ不便だとか思ったことはあるが引越しを考えたことはない。
要因として、自分の財力なんかもあるが、今の家を離れたくないという気持ちも少なからずある。
かと言って、引越しをするなと言っているわけではない。
俺が言いたのは新しい「思い出」を作るにふさわしい家を不動産には、見繕って欲しい・・・。
俺はそう切に願う

Copyright© 不動産 All Rights Reserved.